コップ一杯の白湯がいい

よい睡眠を得るためにはいろいろな方法がありますが、睡眠前にコップ一杯の白湯を飲むことも効果的です。就寝中でも汗をかくため、体内の水分量が足りないと血中濃度が高くなり、血液がドロドロになってしまい、寝ている間に脳梗塞や心筋梗塞などの心循環器系で他界するリスクが老若男女を問わずにあります。
睡眠前に白湯を飲むことで、睡眠中の体内の消化活動の手助けを行います。冷たい水は、吸収が速いため、胃腸に負担がかかってしまい、熱すぎると体温が上がってしまうことから、ぬるめぐらいが体の負担にならず丁度いい温度になります。また、睡眠中は、人間が一番カロリー消費をしており、健康な体を作り上げる時間でもあるため、水分を摂ることで、その活動をしっかりとサポートしてくれます。睡眠中に行われる消化活動に水分を補給することで、便秘改善につながるため、便秘が気になる人にもおすすめの方法です。
白湯は、鍋に水を入れ沸騰させたら、弱火でしばらく待ちます。火を止めて、サラッと飲める程度まで冷ましてから飲みます。ケトルで沸かしたお湯でも効果は変わらないとされています。飲むタイミングは、寝る直前よりも睡眠1時間前に飲むことがおすすめされています。

コメントは受け付けていません。