よい睡眠のために寝る前にやっておきたい事

よい睡眠のために寝る前にやっておきたい事としては、まずお風呂で湯船に浸かっておくことが挙げられます。湯船で体を適度に温めることで、上がった体温がだんだんと下がっていき、しだいに眠りに入りやすい状態にすることができます。また、眠る1時間程度前には適度な運動をしておくのも良いとされています。軽い体操やストレッチ運動をしてから眠ると、良い睡眠に繋がることが期待できます。運動ではとくにヨガを行うのがオススメとなります。ヨガをすることで気持ちが落ち着き、自律神経を整える効果があります。ヨガによって交感神経の働きを抑えることで、副交感神経が優位となり、スムーズな眠りに入ることが可能となってきます。さらに眠る1時間程度前には、部屋の電灯を間接照明だけにしておきたいところです。間接照明だけにすることで、だんだんと眠るための準備が整ってきます。眠るための準備としては、テレビを早めに消しておくことも重要となります。テレビを付けておくと頭がさえてしまい、寝つきが悪くなることが起こるからです。音楽においては、スローテンポの落ち着く曲を低音量にして聴くのは良いです。しかし、眠る前は音楽を消すようにします。近年では、香りの出るアロマをたいておくことも、よい睡眠には効果があるとされているようです。

コメントは受け付けていません。